レース用シューズ到着 WAVE DUEL NEO

2020年11月3日火曜日

ランニングシューズ

 フルマラソン本番が迫ってきたので、レース用のシューズを楽天で購入しました。ミズノの最新・最上位モデル「WAVE DUEL NEO」です。


え?箱じゃなくて中身を見せろって? そりゃそうですね。



サイズは25.5cmの2E相当です。通常、僕は25.5cmの3E相当を選ぶことが多いのですが、WAVE DUEL NEOにはWIDEタイプ(3E相当)がないようなので、横幅は少しきつくなっても目をつむることにしました。なお、WAVE DUEL NEOには足首あたりまで包み込む標準タイプと、ローカットタイプがありますが、僕はローカットタイプを選びました。

アッパー部分は従来のWAVE DUELとは違って、WAVE SHADOW4のようにシームレスに足を包み込むようなつくりになっています。さらに、WAVE SHADOW4は「ベロ(タン)」の部分は分かれていますが、WAVE DUEL NEOではベロまで一体化していて、まさに完全シームレスです。(参考:新シューズ到着 WAVE DUEL & WAVE SHADOW4

アッパーの生地は予想以上にニット感が強く、「これちゃんと伸縮するのか」と不安に思いましたが、実際に足を入れてみると、足の形に合わせて生地が伸び、ぴったりフィットする感じです。少し大げさかもしれませんが、紐を結ぶ必要がないのではないかというほどのフィット感です。

裏はこんな感じ。

滑り止めの突起は、WAVE DUEL(初代)と同じものですが、WAVE DUEL(初代)では前方部だけだった突起が踵を含む全体に広がっています(参考:新シューズ到着 WAVE DUEL & WAVE SHADOW4)。それだけグリップ力は高まるのかもしれませんが、個人的には、踵に要るかな?と思ってしまいました。これは実際に走ってみないとわかりませんね。

重さは180g(片足)で、WAVE DUEL(初代)と全く同じです。これはありがたいです。それはそうと、キッチンスケールにシューズを乗せることに何の違和感も感じなくなりましたが、これはランナー病でしょうか。

機能に関しては、従来のWAVE DUELから使用されているウェーブプレートに加えて、ミズノ史上最高反発を誇る新素材「Mizuno Enerzy」を搭載したことにより、着地衝撃を緩和しながら高い反発を生み出せる、という評判ですが、これは実際のランで使ってみてから、あらためて評価したいと思います。基本的にはレース用に温存するつもりですが、その前に足慣らしはしておかなければいけません。最初はゆるランで1回使用してみて、そのあと、20km以上のランで、ある程度のスピードで走っておきたいと思っています。